スポンサーリンク

ベニミズナ(紅水菜)[野菜・布引ハーブ園]

名前:ベニミズナ(紅水菜) Brassica rapa var. laciniifolia
科名:アブラナ科

 

カブやアブラナの仲間であるミズナの赤色バージョンです。
ベニミズナの赤色はアントシアニンによるもので、機能性食品として注目されていたりします。
スーパーなどで売られているベニミズナはここまで赤くはありませんが、
この写真のものは寒さに当たった影響で葉緑体が減少とアントシアニンの増加が促されたため、
このような見た目になっているのではないかなと思います。
通常は茎部などが赤くなっています。
もしかしたら真っ赤になる品種なのかもしれませんが。
パッと見は赤シソに似ています。
葉の形は全然違うので雰囲気だけですね。
旬は寒い季節、晩秋から冬ごろ。
水菜の収穫量トップは茨城県です。
この植物の魅力は毒々しさ。
赤シソもそうですが、カラーリーフと扱われている観葉植物の見た目を大きく超えた主張。
ここまでいくと花壇やプランターで利用されることは少ないです。

 

兵庫県の布引ハーブ園にて3月中旬に撮影

 

Name: Potherb Mustard
Scientific name: Brassica rapa var. laciniifolia
Family: Brassicaceae

コメントを残す(メアド等は任意)