スポンサーリンク

プリムラ・ジュリアン[花・布引ハーブ園]

名前:プリムラ・ジュリアン Primula
科名:サクラソウ科

 

秋から冬にかけての花壇用植物として定番のプリムラ・ジュリアンです。
プリムラ・ポリアンサにプリムラ・ジュリエを交配したものがジュリアンなのですが、
ポリアンサ自体が交配種であるため、明確な線引きが難しいです。
現在では花が大きいものをポリアンサ、小さいものをジュリアンと呼ぶことが多いですが、
パンジーとビオラのように明らかな違いがあるわけではないので区別しづらいです。
交配種であるのでPrimula hybridaとして、すべて園芸品種として扱った方が無難だと思います。
花期は11-4月ごろで、日本の夏が苦手なので、本来は多年生ですが、一年生植物として扱われます。
風通しの良い半日陰で管理すれば夏越しをすることは可能です。
花色は多彩で、紫色や黄色、白色、赤色などがあり、覆輪の有無などもバリエーションの多様化に拍車をかけています。
プリムラはハダニが非常につきやすいイメージ。
ジュリアンやロゼアを栽培したことがありますが、葉の緑色が褪せていて、よくよく見るとハダニがっていうことがありました。
道端で見かける花壇のものも良く見ると葉の緑色が良く剥げています。
きっと葉っぱがおいしいのでしょう。
この植物の魅力は節間の短さと花の付き方。
背が低く地際に葉をロゼット状に展開し、割と大きな花を多数つけて葉の上を覆います。
絵本やファンタジーの世界に出てくるような花畑を再現するのであればプリムラ・ジュリアンをたくさん植えると良いと思います!

 

兵庫県の布引ハーブ園にて3月中旬に撮影

 

Name: Primula
Scientific name: Primula
Family: Primulaceae

 

おすすめ図書

コメントを残す(メアド等は任意)